一般向けコース(DL)

DLコース

どなたでも受講可(英語に堪能なかた向けのコースです)

DLコースの期間と特徴

  • 3年(※1ヵ月に1モジュール進む場合)
  • 1レベル(約1年)で3レベル。各レベルごとに修了証を授与。
  • すべてのレベルのアサインメントを修了し、ケースステディ(5ケ-ス)を提出すると「ホメオパス」と認定(Licentiate)されます。
  • どなたでも受講できます。お好きな時から始めることが可能です。

DLコースは全部で3レベル

レベル1からレベル3へと順に進みます。

  • レベル1・・・Certificate
  • レベル2・・・Diploma
  • レベル3・・・Licentiate

DLコース学費

  • 各レベルの学費: 3,200ポンド(一括払いの場合)
  • 支払いは英国ポンドのみ。(1ポンド=約145円→外国為替換算はこちら
  • 分割払いの場合、各レベルは3,400ポンド
    日本の銀行等から海外送金する場合、毎回手数料がかかるのでかなりの割高となります。1レベル分を全額一括払いをおすすめします。

学費に含まれない費用

  • 本代 約30,000円
    …R.Murphyのマテリアメディカおよびレパートリー、Ellen Kramerのメソッドブックなど。
  • スーパーバイザー代 1回約5,000円
    …ケーススタディ(臨床実習)の指導料です。

お申込み基準

英語の読み書きの能力、及び英会話力を有すること。

>>お申込み方法

受講のための必須事項

  • インターネットに接続できるパソコンが使用できること
  • インターネットで通話ができる環境(通話のためのマイクやヘッドフォン、PCカメラ等は個人で購入)

コースで提供されるもの(英語)

  • セルフスタディのためのドキュメント(ダウンロード)
  • CPHの実際の講義(英語)の録音(一部録画)(ダウンロード)
    ※ドキュメントの解説ではありません。

モジュールごとに提出するもの(英語)

  • 課題(アサインメント)
  • 自分の学習記録
  • モジュールごとの自己コメント(チューターとの通信時間記録を含む)
  • 暗記テスト、筆記テスト等はありません。

コースの進み方

教材ドキュメント、オーディオをダウンロードしてセルフスタディ。

アサインメントの提出… チューターがチェックします

チューターとwebトーク(1:1)(約30~60分)

次のモジュールへ

卒業までに作成し提出するもの(英語または日本語)

  • 自作のマテリアメディカ(約80種類のレメディについてまとめたもの。日本語可)
  • セラピューティックノート(病気別、症状別などのレメディの使い方をまとめたもの。日本語可)
  • ホメオパス認定を希望する場合、5件の卒業ケース(実際に自分でケーステイキングしたケーススタディ。日本語可)・・・各ケースにつき、フォローアップを含んだ計4回(4か月)のセッションが必要。

取得できる資格

5件の卒業ケースを提出し、ホメオパスのチェックを受けたあとは、ホメオパスとして The College of Practical Homeopathyが認定する修了証(licentiate) が授与されます。

これはイギリスのCPH卒業者とまったく同じ資格です。

英国内のホメオパシー協会、補完医療団体に登録することができます。