Top

CPH(The College of Practical Homeopathy カレッジ・オブ・プラクティカル・ホメオパシー)は、英国BAC認定、約30年の伝統があるホメオパシー専門校です。

私たちが唯一本物の「実践的な」ホメオパシーカレッジである理由…それは、私たちのような方法(複数のメソッド)でホメオパシーの使い方を教える学校は、他にはないからなのです。

…校長 エレン・クレイマー

CPHのホメオパシー通信教育とは?

  • 世界で唯一!プラクティカル・ホメオパシーをインターネットを使って学べる通信教育。
  • 英語のドキュメント、および個人チュートリアル(インターネットで直接日本語で対話)による通信教育です。
  • インターネットに繋がれば、世界中どこにいても実用的なホメオパシーを学べます。
  • 英国BACに認定された唯一のホメオパシー通信教育です。
    BAC:英国認定評議会。英国の16歳以上の専門教育学校を認定する組織。

CPHは1990年に創立され、現在も活躍する多くのホメオパスを輩出してきました。学問的な基礎を学生クリニックで長年実践し、その臨床データを今も積み重ねています。

「理論と実践」、これらを組み合わせた独自のカリキュラムは通信教育にも取り入れられており、卒業時には即ホメオパスとして仕事ができる実力が身につくように構成されています。

>>CPH所在地・講師

日本語サポートについて

残念ながらこの通信教育は、まったく英語がわからないかたにはおすすめできません。

なぜなら、ホメオパシーレメディについての専門書(マテリア・メディカやレパートリー)が英語だからです。そして教科書となる各モジュールのドキュメントも英語です。

しかしながら、レメディの特徴をまとめた日本語の本はいろいろ市販されています。またレパートリー(レメディ選択)のためのPCソフトもあります(これは英語ですが単語入力で一気に検索してくれるスグレモノ)。

なので、ある程度の英語力とやる気さえあれば、ホメオパシーを本格的に学ぶことは可能!

1つのモジュールごとに、日本人チューターとインターネットで対話する個人チュートリアルもあるので、疑問点を解決しながら進むことができます。

なおご希望の方には、以下のようなより細やかな日本語のサポートを提供しています。(別途有料)

  • メンバー専用サイト CJAC(CPH日本語コミュニティ)
日本人ホメオパス、チューターによるサポート。登録は無料。無料で閲覧、ダウンロードできる資料が多数。有料サポートでは日本語訳付きアサインメントの提供、月1回のwebグループトークで、モチベーションを高めます…

英国専門学校留学について

現在英国の法律改正により、ホメオパシーを学ぶために長期留学はできません。

通信教育は2コース(一般・有資格者向け)

期間は、いずれも毎月1モジュールずつ進んだときの目安です。

どなたでも受講可能。3つのレベルがあります(期間は約3年)。卒業するためには5つのケーステイキングが必要です…
医師、薬剤師、看護師、鍼灸マッサージ師、セラピストなどの資格を持つ方のためのコース。期間は約1年。卒業するためには3つのケーステイキングが必要です…

卒業資格について

卒業時にはCPHから修了証(licentiate)が授与されます。英国CPH卒業生と全く同じものです。 ホメオパスとしてイギリスの各種団体・協会に登録することもできます。

※日本から渡英してすぐに個人的に開業できるということではありません。
※日本だけに存在するホメオパシー協会には登録できません。

専門的にホメオパシーを学ぶ前に、考えるべき3つのこと!

この通信教育は専門家(ホメオパス)になるためのコースです。従って、以下の3つは受講するかどうかを決めるための重要なポイントとなります。

  1. どんな目的でホメオパシーを勉強したいのか?
  2. どのくらいの期間と費用がかかるのか?
  3. 経験のある講師から指導、サポートしてもらえるのか?

1に関しては、ご自身で目的を明瞭にしてください。2,3に関しては、別ページおよび資料でご案内します。

学校の違いを理解しよう!

ホメオパシーを学べる学校はいくつかあります。しかし学校によってカリキュラムが大きく違います。まずは校長エレン・クレイマーが述べることを注意深くお聞きください。

CPHと他の学校との違いとは?

何百というレメディを覚えても、「どう使うのか」がわからなければ実際には役に立たないのです…(1分2秒)

クラシカルとプラクティカルの違いとは?

ケースに応じて、クラシカルとプラクティカルのアプローチ方法を使い分けることが重要なのです…(2分24秒)

最短で本物のホメオパスになれる理由とは?

動画でご覧頂いたように、ポイントは「ケース分析」をトレーニングするからです。

単に多くのレメディを知ったという知識だけでは専門家になることはできません。ホメオパシーのレメディはどのように使うか?が重要です。つまり「適材適所」で用いなければ自然治癒力を動かすことはできないからです。

CPHでは、たとえ経験が浅くてもこの「適材適所」を見つけられるようにするために「ケース分析」のしかたを教えます。日本人には馴染み深い「陰陽五行」という考え方も用いるので、スッと入っていけるのではないでしょうか。

さらに、ケース分析をしやすくするために、複数の論理的な「メソッド」を教えます。(○○さんのやり方といったような、特定の人のメソッドではありません)。メソッドを用いると、どのようにレメディを見つけていくかが非常に理解しやすくなります。

これらのトレーニングにより、長い経験を積まなくても一定レベルのスキルが身につきます。

また、CPHで学ぶケース分析のしかたは、ホメオパシー療法だけでなく、あらゆる心身の不調の原因や改善を考えていくために応用できます。したがって医師や看護師、鍼灸師、整体師といった有資格者のかたにも大いに役立つでしょう。

資料請求

【注】ezweb(au)のメールアドレスには資料が届かないことがあります。原因と対策はこちら